iPhoneに動画を保存する時の注意点

気軽に動画を楽しむために

手元にiPhoneがあると、暇なときについつい動画を見てしまうことありませんか?いまや外出先でも気軽に動画が見られるようになりましたが、出先だと腰を据えて見続けるのも難しく、できれば動画を保存して後でゆっくり見たいと思う人も多いのではないでしょうか。iPhoneならアプリを使うことで動画を簡単に保存することができます。一度保存してしまえば、後は好きなタイミングで落ち着いて見ることもできますよね。とはいえ、iPhoneで動画を保存する際には注意しなければいけない点があります。以下に紹介する注意点を知らずに動画保存を行うと大変なことになりかねないので、しっかりと把握した上で動画保存するようにしてください。

動画を保存する前に気をつけたいこと

動画の保存自体はアプリを使うことで簡単に行えますが、動画はファイルの容量が大きいため、保存するiPhone側にもそれなりの空き容量を確保しておく必要があります。また、Wifi接続で行わないと動画の保存にかかるデータ通信量が跳ね上がって月の使用上限にすぐ達してしまうので注意が必要です。そして何より注意してほしいのが、違法にアップロードされた動画を保存しないという点です。テレビで放映中の番組やDVDで発売されている映画など、明らかに著作権を侵害していると思われる動画をそれと知りつつ保存すると刑罰の対象になってしまいます。知らず知らずのうちに違法行為をしてしまわないように注意して、iPhoneの動画鑑賞ライフを楽しみましょう!